スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とてもとても気になっていたもの

2009年01月28日 10:29

とあるブログやHPで、最近見つけてとても気になっていたもの。

「リバースアダプター」
量販店で¥2,300-前後。

昔からある手法らしいけど、見たことも聞いたことも無かった「リバース」。
これを見つけたとき、すごい衝撃を受けた。

だって、レンズを逆さにつけ、接写するんですよ~。
接写といえば、マクロレンズしか知らなかった…。
購入したのは、ケンコー 品番803622 リバースアダプター ニコン AF用 52mmねじ込み

Nikon D50+Ai AF Nikkor 24mm F2.8D(リバース)

前玉のねじ切りにリバースアダプターをつけ、レンズを逆さまにしてカメラに装着。うーん、いかにもメカニカルな雰囲気を醸し出す。
接点なんかは一切無いので、絞りは実絞り。
ピントも自分が動いてあわせる。
このアバウトさがなんともいえない。今までの撮り方とは明らかに異質な感じ。

0036.jpg
Nikon D50+Ai AF Nikkor 24mm F2.8D(リバース)

取扱説明書には、28mm~100mm前後とかいてあるけど、とりあえず24mmで撮ってみた。
ちなみに広角レンズであればあるほど、倍率が大きくなる。
これはPCのキーボードのボタン。被写界深度が浅すぎ…。

同じ52mm口径としては、普段は防湿ケースに眠っているレンズが1本(ニコマート F[1977年製]についているニッコールレンズ 50mm F1.4)があるので、時間を作ってTRYしてみようかな。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://shutterbug77.blog54.fc2.com/tb.php/19-a06e2564
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。