スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「電力」に対する意識

2011年04月30日 12:21

今回、この震災で特に大きく取り上げられた副産物として、関東では【電力不足】。この一言に尽きる。
この電力不足のために、直後二週間は耳慣れない「輪番停電」で大騒ぎ。道路では信号や街路灯も消え、夜の街は真っ暗。電車もまともに走ってくれない。いや、実際走ってくれない路線も出た。
生産現場では機械がまともに稼動せず、加工産業は大打撃を受けることに。また春はいいが夏場は大口需要に対する規制も入るのは必至で、各社各産業界は今から対策を練っている様子だ。

普段、何気なく使っている電気。現代人としては、ガスや水道と同じように、またあるのが当たり前な空気のような感覚で電気を使っていた。実際、私自身も今ほど意識した時期は無い。

ここに日本列島の衛星写真がある。すでにニュースサイトなどで見たことのある方もいらっしゃると思うが、震災前の日本列島と震災直後の日本列島の「夜の日本列島」だ。アメリカ海洋大気圏局(NOAA)が公開したものだが、東北主要都市の明かりが激減しているのがよく分かる。電気網が壊滅的になってしまったためだろう。
697_20110325-NTLCompare.jpg
National Oceanic and Atmospheric Administration (NOAA)

日本では、富士川を境に交流用電気(いわゆる家庭用100V)の周波数が異なる。
富士川~糸魚川を境界線にして、西側は60Hz、東側は50Hzだ。

何でこんなことになったのかと説明するには、歴史を簡単に紐解く必要がある。
まず明治24年、今の東京電力の全身である東京電灯が、ドイツから2台の発電機を輸入。これが50Hzだった。
一方、関西電力の全身である大阪電灯は、アメリカから60Hzの発電機を輸入。このことをきっかけに、その後各地で電力会社が乱立した(当然、周波数はバラバラ)が、時代とともに電力会社が吸収合併し、現在の形に。
結論を言うと、たまたま西では60Hzの電力会社ほうが多く、東では50Hzが多かっただけだ。

このような東西を二分している状況が状況が、まさか東日本を苦しめることになるとは恐らく誰も想定してなかったのではないか。いや、想定していたとしても、実際になるとは思っていなかったのではないか。

西日本で生産されている電力を東日本にまわせれば、夏場や冬場のピーク電力に対する不安払拭に繋がるのに、と思うのだが…。現実はそうはいかないのが現状だ。
確かに周波数変換施設はあるのだが、現実は、100kW/h程度の施設が数基あるだけだという。これではまったく役に立たない。
またこの周波数変換施設を作るには結構な金額が必要らしく、普通に発電所を一基作れるくらいだとのこと。
であれば、普通に発電所を作ったり、休止中の発電所の再稼動を行ったほうがいいというのが経営者の判断らしい。

首都圏が消費する電力のうち、ほぼ半分ほどの電力は発電所が首都圏に無い。
言い換えれば、自前の土地に発電所を設けず、地方に電力生産をお願いしてきたわけだ。
そしてその地方にお願いしてきた内容というのは、ご存知の通り柏崎刈羽原発であり、福島第一原発と第二原発だ。
また東北地方では女川原発が休止中になっていて、こちらでも電力不足が懸念されている。

首都圏では休止中だった火力発電所を再稼動させ、また複合式ガスタービン発電所を新設して夏場を乗り切る予定だと東京電力はアナウンスしている。ただ、これらの事項は一時的なもので、今後も永続的に行えるかということには疑問符が付く。
エコだのCO2削減だの地球温暖化防止だのと謳われている世の中で、電力を作るために化石燃料消費を増やし続けることができるのか―。もちろんその問いには「No」が突きつけられるだろう。したがって、われわれ東日本管内にいる人間、特に首都圏にいる人々は、今後は湯水のように電気を使ってはいけないのだ。
だからといって、自然エネルギーを有効利用するにはまだまだ時間と技術が必要だ。太陽光ひとつとっても、こんだけムラがあると、正直まだまだ使いにくい。風力発電だって、安定した風が程よく吹き続ける場所が日本にどれだけあるのか、疑問だ。まともに稼動していない風車が全国にどんだけあるのか…。

今まで地方に押し付けてきていた「原発」のツケが、今こうして巡り巡ってきているのだと思う。

確かに生産活動や経済活動は、被災地や今後の日本にとって必要だ。だが、何でも電気で便利になってきた世の中から、少し脱却しなければならないのではないかと思う。
実際、駅ではエスカレーターが止まり、商業施設の照明は半分ほどが落ちている。空調だって、以前ほど極端ではない。

でも、だからと言ってみんなそれほど「困っていない」。
今までが便利すぎたのではないか。

今後はそんなちょっとした気遣いが必要な世の中になっていくんだと思う。

0506.jpg
Nikon D300s+SIGMA 30mm F1.4 EX DC HSM 静岡県川根本町
スポンサーサイト

震災直後の交通手段

2011年04月18日 01:28

震災当日、交通手段は大きく乱れたことは、皆さん記憶に新しいかと思います。
話には聞いていましたが、本当に電車が動かなくなる日が来るとは、正直思っていませんでした。

関東平野に鉄道網を張り巡らせているJRは地震後から運転を取りやめ、結局終日運行中止となりました。
逆に神奈川県内の私鉄は一部ですが運行し、帰宅難民となる人数を少しは減らせたのではないかと思います。

私の職場から自宅へはJRと地下鉄を利用します。
地震後から鉄道が止まっていたのはネットやFM放送などで知っていました。ただ、首都圏は震度5以下だったので、今は止まっていても夜には動くだろう、遅くなったとしても家に帰れる、と有る意味タカを括っていました…が、18時30分時ごろ、NHKで「JRは終日運休する」という報道を耳にし、一瞬どうしよう!と焦りました(^^;
ちなみに私の場合、会社から自宅まで約27km。歩いて帰ったとして、約7時間前後はかかる計算。しかも道中は停電になっている箇所もあるということで、朝まで会社にいる選択肢も考えました。
一応、身内にはそうなるかもしれないとは伝えられていたので、あとは私自身がどうするか決める、という状況でしたので、気分的には楽でしたが…。

結局、会社の営業車を利用して各方面が乗り合いで帰るということになり、20時30分ごろに会社を出発。
ハンドルは私が握り、同じ方面の同僚を乗せ、走りました。

道中、普段より空いている箇所もあれば、いつもは全く混まない場所でガッツリ動かなくなったりと普段とは勝手の違う道路事情。カーナビで表示されるVICS情報もあまり役には立たず、自分のカンを頼りに進む夜路。
幸い、停電を起こしている地域は通らずに済み、事故もなく自宅までたどり着いたのが22時30分過ぎ。普段の倍はかかりました。いや、でも今考えると、こんなにも早く帰れたんだ、と思う。
実際、自分の知り合いなどは会社で一晩過ごしていたり、歩きやバスの乗り継ぎなどで朝までかかって帰っていたり…。普通、車で帰るという手段は選択肢にないのが当たり前だから、恵まれていたんだと思う、客観的に。

で、鉄道網は翌日には回復したのかというと、そうではなく…。動いたのは23区内を中心に、数えるほどの路線のみ。しかも大幅に本数を減らしての運行だった。こんなことは今まで経験したことない。
ちなみに、地元路線は当然のごとく動かず。仮に翌朝まで会社にいたとしても、鉄道では帰れなかった。当日の会社の判断に感謝!

当日は、安全確認でこんなにも動いていないのか、と思っていたけど、電力が足りなかったのかな、今思えば。例えば絶対的な電力もそうだし、場所場所で停電が復旧していなかったんだと思う。架線への送電はJR自前の発電で賄えるけど、踏切や信号機関係は地元電力に頼っている。そういう絡みも多分に有ったんだと思う。
でも、これが何日も続くとは思わなかったな…。

大地震が発生したのは11日。地元路線が動き始めたのは16日。しかも、50%間引きでの運行。これは何を意味するのかというと、車内は大混雑だということ。朝は普段より早く自宅を出て会社に向かったが、途中もう乗れないというような状況になり、当然電車も遅延。車内はぎゅーぎゅーのうえ、普段より倍近く時間がかかっての電車は結構しんどかった。
そして極めつけは帰るとき。普段JRに乗る駅で、すでに満員状態の電車がホームに入ってきても、降りた人数しか乗れない状態になり、一向にホームにいる人数が減らない。というか、どんどん増えてく。その上、運行率は50%…。結果から言うと、ホームに入ってから6本見送った。時間にして約100分。気温は5℃以下。身体の芯まで、冷え切ったのを覚えている。
こんなのが今後しばらく続くのかと思うと、通勤するのに気が滅入った。

そんなころ、車事情にも変化が。震災後の週末から、どこに行ってもガソリンが不足し、スタンドには長蛇の列が並ぶように。
確かに東北から届けられた映像から、関東にも大きな地震が来ることを恐れ、蓄えとしてガソリンを入れておくということは分かるが、ちょっと極端な世間の動きだったように感じる。またそのことをマスコミが煽るように報道するもんだから、より一層ひどくなった。
その事情は会社の車も煽りを受け、渋滞やガス不足で思うように動けなかった。
まあ、予想通り一週間後には落ち着いていったけど。逆に東北にガソリンが回っていなかった事実が(これは買いだめに走った関東が悪いというより、輸送網がだめで運べなかったということだが)酷いなぁと思った。

暫く鉄道網事情は悪かったが、電力が回復するのと気候が暖かくなってきたことで、徐々に間引き運転が減ってきて、関東では10日前後でほぼ通常運転になったのは良かった。これが冬に入りかけの時期だったら、暖房需要によりさらに長い時間、規制がかかったことだろう。

0505.jpg
Nikon D300s+Nikon D300s+SIGMA 55-200mm F4-5.6 DC 東京都八王子市

震災当日の通信状況

2011年04月01日 01:31

私は、最初の地震発生時、神奈川県内の道路で、会社の車の中にいました。ちょうど渋滞中で、幸いにも止まっている最中でした。
最初はなんだか車が左右に揺れ、ちょうど向かいから大型トラックが通ったのでそのために揺れたのかな?とも思ったのですが、トラックが通り過ぎても揺れは収まりません。強風?とも思いましたが、そうではないよう…と思っていると、乗っていた車がボコボコ跳ね出しました。
これは地震だ、それもかなり大きい!と感じ、多少車の列が動いたのですがそのまま止まっていました。個人的な感覚ですが、首都高速6号向島線で両国JCT渋滞の時と同じかそれ以上の揺れ具合でした(この表現は分かる人は少ないかも・笑)

今回は、ここからが本題です。

地震直後、身内が心配になったので、すぐに自前の携帯電話(SoftBank)で連絡を取ってみたところ、何度かけ直しても繋がりませんでした。そのときFMでは、かなり大きい地震だった、まわりに気をつけてと繰り返し言っている。そのうち、三陸沖で大地震が発生した、津波に注意するように、と報道し始めた。
これはかなりヤバいことになったのかも、と思い始め、会社の携帯電話(au)で会社にも連絡を取ってみる。が、やはりこちらもかからない。何度かけてもかからない。

向かっていた取引先のお店が近くだったので、とりあえず向かってみる。街そのものは平装だが、今思えばなんとなく空気が違っていた気がする。

お店に着いてみると、従業員は全員駐車場にいました。私たちが来るまで、2度大きな地震があった、とも言われました。走っているときは気づかなかったなぁ。

そこでも連絡を取ってみるも、SoftBankもauも全く繋がらない。これは規制かけれられているかも、と思いましたが、そのときは実態は分からず。後日、ニュースで関東一円だけでも5~9割の規制が入っていた、と知る。
音声がだめならメールはどうだ?と思い、身内にはメールを打ってみるも、サーバが受け付けてくれない。と地震発生後から45分後くらい経った頃、会社の携帯が鳴る。会社の固定電話からだった。
ようやく繋がるようになったかと思ったけど、その後はやはり繋がらなくなる。どうやらチケット争奪戦のように、繋がるかどうかはタイミングらしい。そう思っていると、自前の携帯が鳴る。身内からで、ずっと繋がらなかったがやっとかかった、ということだった。固定電話の実家は繋がったけど、特に携帯電話は繋がりにくいということだった。

この時、iPhoneのインターネットも繋がりにくかったが、全く駄目というわけでもなく、繋がったり繋がらなくなったり。基地局によっても差があるように感じた。

でもここで不思議なことに、ツイッターだけはなんなく繋がり、発信もできることを発見。
そこでは様々な情報がリアルタイムで飛び交い、17時にはチェーンメールとして今回有名になった「サーバ室で大けが、助けて」ツイートが私にも来る(^^;

さてここで疑問。同じインターネットなのに、なぜ、メールは飛ばず、ツイートは飛ばせたのか。
理由として考えられるのは、ツイッターのつぶやきは送信する際に1パケットだが、メールはそれに比較してパケット数はやや大きい。たったそれだけの違いだが、そこに決定的な差が出た野ではないかと思う。

私は18時に会社に帰ることが出来たが、帰りついてからも、まだ帰ってこない同僚の携帯にはまったく繋がらず。また、この時点でTVでは回線は規制されていると報道。そのため、「電車が動かず帰れないかも」と身内にも伝えられず。結局、1時間半くらい経って、一回だけ繋がるのだが…。それ以前も以後も、繋がらなかったと記憶している。
また、メールも記録をみると、当日の夜は送信が何度か失敗するけどサーバには一応届く。…が、サーバが受け付けてから相手の携帯電話に2~4時間ほど遅れて届いているみたいだった。18時に送った身内宛のメールは、22時ごろ届いたという。そういう意味では基本、メールはあまり役に立ったとは言えない。

結論を言うと、音声通信は全く駄目、メールも無いよりはマシという程度。いちばん情報源として活用できたのはツイッターなどのソーシャルメディアだった。このことは他のブログや日記でもよく目にするし、皆が同意見だった。
もともと、インターネットはどこかボトルネックがあったとしても、その部分を回避し、その先へと情報伝達するような仕組みになっている。いっぽう、携帯電話や固定電話などの音声通話は、一ヶ所ボトルネックがあると、そこで途絶えてしまう。考えてみればそれは当然のことだが、当日は全くそのことに気づかずにいたことが悔しい。

このような緊急事態の際は、ツイッターやフェイスブックなどのソーシャルメディアで連絡を取り合うのが、一番のようだ。当日、皆様はどんな形で連絡を取り合いましたか?

0404.jpg
Nikon D300s+SIGMA 30mm F1.4 EX DC HSM 東京都中央区


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。