スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浅野駅長

2009年03月30日 05:25

昼下がりのJR鶴見線・浅野駅。
首都・東京からとても30km圏内とは思えない、のんびりとした時間が流れていた。
駅舎とて近代化が猛烈に進む中、昔を偲ばせる箇所が随所に見受けられ、つい時間を忘れてしまう。
0094.jpg
Nikon D50+Ai AF Nikkor 24mm F2.8D

改札を入ったところに、無人駅である浅野駅にも駅長が居た!

Nikon D50+Ai AF Nikkor 24mm F2.8D

駅長の名前は「クロ」というのだろうか(笑)。
私以外のカメラを持っている人にも、おとなしくモデルとして鎮座していた。
スポンサーサイト

近所の夜景

2009年03月24日 17:24

自宅近くの駅。少し離れたところから俯瞰してみる。
最近、駅周辺に光を放つ建物が増えてきたので夜景っぽくなってきた。

Nikon D50+Tokina AT-X 270 AF Pro

見る方角を変えると、町田市方面が見渡せる。
なだらかな傾斜になっているので、家の明かりがよく見えた。
0091.jpg
Nikon D50+Ai AF Nikkor 24mm F2.8D

道路を照らす照明はとても明るい。
0092.jpg
Nikon D50+Ai AF Nikkor 24mm F2.8D

この日は風が強く、10分も居ると顔がぴりぴりするほど寒かった。

薄明

2009年03月19日 05:58

以下、Wikipediaより引用
-薄明-
日の出のすぐ前(ブルーアワー)、日の入りのすぐ後(マジックアワー)の、空が薄明るい(薄暗い)時のことである。大気中の塵による光の散乱により発生する。日本で言う明け方、夕方、英語のトワイライト(twilight)も薄明のことである。

最近好きな時間帯。今回は明け方の薄明。

Nikon D50+Ai AF Nikkor 24mm F2.8D

今日もこれから、一日が始まる。

異空間

2009年03月15日 23:39

なんの変哲も無い道を走るだけで、異空間へと連れ出してくれる。
人の目には映らない、写真にはそんな力がある。

Nikon D50+Tokina AT-X 270 AF Pro

イメージは、タイムマシン。

重く圧し掛かる雲

2009年03月12日 16:40

天気予報は一日を通して晴れという日だったのだが、夕方前から厚く真っ黒な雲が垂れ込んできた。
まるで街全体を飲み込むかのように。

Nikon D50+Ai AF Nikkor 24mm F2.8D

雷でも鳴り響き、嵐になるのかと思ったがそんなことはなかった。が、日が暮れてからは一気に気温が下がり、雪が舞い降りてきた。この雲は雪雲だったらしい。

春の天気は、猫の目のように目まぐるしく変わる。

ほんの一瞬。

2009年03月07日 22:17

娘が親と妹と3人で遊びに出かけ、夕方に玄関に迎えにいったとき、玄関先でふと外を見ると、まさにこれから、いわゆる「蒼い世界」へとグラデーションを深くしているときだった。

いい感じだったので、急いでマンションの最上階へと向かう。
いつもは南側のベランダ側から撮るが、今日は北側の階段から。

Nikon D50+Ai AF Nikkor 24mm F2.8D

視界全体が真っ青になったのは、今日はほんの一瞬だけだった。

昭和の香り

2009年03月06日 23:28

佃という街には色々な香りが存在するが、中でも「昭和の香り」が好き。

Nikon D50+Ai AF Nikkor 24mm f2.8D

街を歩いていると、「子どもの頃、こんな雰囲気だったなぁ」と懐かしい感情がよみがえってくる。
0084.jpg
Nikon D50+Ai AF Nikkor 24mm f2.8D

そういえば、昔、裏の長屋の軒先にはこんな感じで洗濯物が干されていた…気がする。
0085.jpg
Nikon D50+Ai AF Nikkor 24mm f2.8D

まあ、道はこんなにも広くは無かったが…^^;

牡丹雪

2009年03月04日 03:27

予報では夕方から雪となっていた関東だが、会社帰りの最寄り駅につく頃には大粒の雪が舞い降りていた。
夜にかけて降雪の勢いは増し、気がつけば家のまわりの屋根などは雪で真っ白。
0081.jpg
Nikon D50+Ai AF Nikkor 24mm F2.8D

さすがに車道を雪で覆うほどではないが、雪好きにとってはわくわくさせる降り方だった。
0082.jpg
Nikon D50+Ai AF Nikkor 24mm F2.8D

関東平野部では、真冬よりもむしろ春めいたこの3月、4月のほうが経験上、積雪のある雪が多いと思うのは私だけだろうか。
今回の雪は、夜半には既に止んでいた。

春の訪れ

2009年03月03日 15:49

3月3日は桃の節句。
我が家のリビング付近には、桃の木と菜の花が花びんに生けてある。

桃の木には、もうすぐ花を咲かせようとしている蕾が。
この木は珍しく淡い色の花ではなく、濃い色の花をつけるらしい。
0079.jpg
Nikon D50+Nikkor-s 50mm F1.4(リバース)

菜の花はリビングが暖かいせいか、元気良く咲いている。
0080.jpg
Nikon D50+Nikkor-s 50mm F1.4(リバース)

少しずつだが、春は着実に近づいているらしい。

休憩場所

2009年03月02日 16:42

そろそろ深夜になろうかという時刻、昼間の工場内に響き渡る賑やかな作業音や人の気配と打って変わり、辺りに人影や物音は無く、東急電鉄長津田車庫は静寂に包まれていた。音といえば時折、傍を走り抜ける横浜線の踏切がけたたましく鳴り響き、通過するくらい。

遠くには田園都市線も走り抜ける。

Nikon D50+Ai AF Nikkor 24mm f2.8D

東急電鉄長津田車庫には、農耕機の通れる跨線橋が車庫の真ん中に架かっているので、左右を見渡せば全体が見える。
ただ、フェンスが大人の身長ほどあるので、基本的にはその上からの撮影になるのがちょっと難。

0078.jpg
Nikon D50+Tokina AT-X 270 AF Pro

静かに夜は更けていく。


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。