スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

登ってきた感想は…

2008年12月25日 11:36

私は東京タワーを下から見上げることは多くても、登って見下ろすことはほとんど無い。
東京タワーは、「見る」のが好きだから。

先日、登ってみる機会を得たので、行ってきた。
折りしも東京タワーは50周年を迎えるとのことと、クリスマス間近ということで、結構混雑していた。

0021.jpg
Nikon D50+Tokina AT-X 100-300mm F4

エレベーターは意外に早く上昇。耳がキーンとなるくらい。

大展望台からの眺めは、意外に低い位置みたいで、それでも周りのビルに負けない展望を見せてくれた。
でもやはりその展望の中に「東京タワー」が無いのは不思議で、物足りなさを感じるのは私だけ?

0022.jpg
Nikon D50+Ai AF Nikkor 24mm F2.8D

冬晴れの青い空に、堂々とオレンジ色の塔がが映えていた。
スポンサーサイト

輝く雲

2008年12月24日 21:19


Nikon D50+Ai AF Nikkor 24mm F2.8D

雲間から、生まれたばかりの太陽の光が差し込む。
綿菓子のような雲はその光を受け、最高の輝きを放つ。

雲はゆっくりと風に流されながら、少しずつ色合いを変化させていった。

見上げることが多かった

2008年12月18日 10:39

天気も良いし、どこかに行こうということで、首都高に乗って新宿まで。
西口に車を停めて目に入ってくるものといえば、超高層ビル群。
最たる代表としては、今ではやはり都庁ですかね。
0017.jpg
Nikon D50+Ai AF Nikkor 24mm F2.8D

ここには可愛いてんとう虫君が居ます。
0018.jpg
Nikon D50+Ai AF Nikkor 24mm F2.8D

帰る前にコーヒーでも飲もうと店を探していると、新宿NSビル内にタリーズコーヒーがあったので立ち寄る。
0019.jpg
Nikon D50+Ai AF Nikkor 24mm F2.8D

1Fフロア内は、天井まで吹き抜けでとても気持ちがいい。
大きな時計が、周りの慌しさとは関係なく、ゆっくりと時を刻んでいた。

路地裏散策

2008年12月17日 09:48

クリスマスを控え、街ではデコレーションを始めてた。
0014.jpg
Nikon D50+Ai AF Nikkor 24mm F2.8D

代官山はすごく路地裏散策楽しいけど、週末はどこも人がいっぱいで、ちょっと落ち着かない。
今度は夕方に歩いてみたい。
0015.jpg
Nikon D50+Ai AF Nikkor 24mm F2.8D

陽だまり

2008年12月16日 14:56

ここ最近、生活パターンとして、ちょうど日の出前に起きてます。
元々、夕暮れや日の出の空は好きなので、ついついカメラを構えてしまう今日この頃。
DSC_6462_R.jpg
Nikon D50+Ai AF Nikkor 24mm F2.8D

日が昇るにつれ、柔らかい日差しが部屋の中に入ってくると、いろいろなものが照らされ、黄金色に輝く。
DSC_6469_R.jpg
Nikon D50+Tokina AT-X 100-300mm F4

オブジェが、自分を誇示しているように見えた。

東京タワー

2008年12月15日 15:18

小さいときは、東京に行けばどこからでも東京タワーが見れると思っていた。
でも、東京タワーって意外と見えないことが、高校生になって都内に通学するようになって初めて分かった。
近くにあっても、ビル群で遮られ、なかなか「東京タワー」は見えない。

学校の帰り道、車窓から時々顔をのぞかせるオレンジ色のタワーを、そのうちカッコ良く撮ってみたいと思うようになった。
PC250032.jpg
OLYMPUS 750 CZ

It's a holiday

2008年12月14日 07:49

File0548_R.jpg
LOMO LC-A RVP

午前中、都内のとある学園祭に。風がやや強い日だったけど、日なたはポカポカ陽気。

File0549_R.jpg
LOMO LC-A RVP

お昼過ぎには終了。折角なので、そのまま二子玉川の高島屋に繰り出す。
ショーウィンドゥには眩い照明が照らされ、休日の店内はかなり混みあっていた。

File0552_R.jpg
LOMO LC-A RVP

雑貨屋さんでは、あれもこれもと目を引くものばかり。
ふと足元を見ると、そこには仔猫が仲良く来店者を見上げていた。

File0553_R.jpg
LOMO LC-A RVP

階段のテラスから見上げた空は、限りない透明感で瑞々しさを感じさせる。
静かに晩秋を主張していた。

ある日の朝陽

2008年12月14日 00:17


Nikon D50+Tokina AT-X AF 100-300mm F4

冬至が近づくにつれ、我が家の朝は朝陽の光が真横から入ってくるようになる。
この日の時刻は、だいたい午前6時40分前後。

ファインダー越しにみる太陽は、刻一刻と光の強さを変え、あっという間に昇ってゆく。
夢中でシャッターを切る瞬間だ。

DSC_6359_R.jpg
Nikon D50+Tokina AT-X AF 100-300mm F4

クリスマスに向けて飾り付けしてあったオブジェにも、柔らかい光が降り注ぐ。
朝陽を受け、光り輝いた瞬間だった。

静かな都内

2008年12月11日 17:02


Nikon D50+Tokina AT-X 270 AF Pro

「都会は騒がしい」

ほとんどの人はこういう印象を持っていると思う。
私もそうです。

でも、場所によってはそうでないところも。

そりゃぁ、そんな場所はたくさんあります。
皆さんのほうが私より、たくさんご存知でしょう。


ここは外苑の中の「明治神宮外苑 児童公園」の一角。
今までこの前を何度となく通り過ぎているはずなのに、まったく気づかなかった。
先日、たまたまネットで見つけ、姫を連れて行ってきた。

平日の昼下がりは人気も少なく、数組の家族連れがいるだけ。
木々に囲まれているせいか、まわりの喧騒は一切聞こえず、鳥のさえずりと子どもの声が響くのみ。

resize0111.jpg
Nikon D50+Tokina AT-X 270 AF Pro

日に照らされた楓は、鮮やかな赤を演出し、公園の彩を深くしていた。

晩秋の色

2008年12月11日 13:50


Nikon D50+Tokina AT-X 270 AF Pro

青山から絵画館へ、一筋に伸びる一本の道。
この時期になると、毎年訪れる。
当時は雰囲気だけを味わいたくて、夕方に来たり、深夜に来たりしてた。
写真を撮りに来てはいなかったので、その頃の写真は無い。

最近は土日、祝日ともなると、人、人、人のひとだかり。
だから、昼間に訪れるときは平日に限る。
それでも、人波が途切れることは無い…。

お祭りも行うそうで、「第12回神宮外苑いちょう祭り」が同時開催。
平日にもかかわらず、絵画館の前では露店が開かれていた。

今年は訪れるのに少し時期が遅くなってしまい、枝に残っていた葉は3割くらいになってしまっていた。ちょっと残念。雨の影響は大きかったかな~。

一人目の姫は今回2度目。
せわしなく綺麗な落ち葉を見つけては拾い、私や二人目の姫にせっせとプレゼント。
黄色い絨毯の上をちょこまかと動き回り、興奮気味。

二人目の姫は初めて。
観察モードに入り、じーっと上を見上げてたと思うと、今度は身を乗り出して下を眺めたりしていた。


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。