スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

星降る夜に【丹沢・三ノ塔】

2012年11月26日 22:07

しし座流星群が極大だった晩。
深夜のうちに丹沢の三ノ塔に登って星を観てきた。
午前2時15分に菩提峠を出発し、到着は3時半ちょうど。息も絶え絶えの中で見上げた空は、文句ない満天の星空。疲れが一瞬にして吹き飛ぶ瞬間。

三ノ塔避難小屋の頭上に輝くオリオン座。
流星なし_R
Nikon D300s+SIGMA 30mm F1.4 EX DC HSM

何枚も撮影した中で唯一流星が写っていた一枚。上部真ん中に一筋の光。
流星あり_R
Nikon D300s+Tokina AT-X 124 PRO DXⅡ

5時半も過ぎると、東の地平線は少しずつ白みはじめてくる。
大山越しに明けはじめる空。少し雲が多かったが、素晴らしいブルーモーメント。
バーナーでお湯を沸かし、珈琲を淹れる。至福の瞬間。
夜明け_R
Nikon D300s+Tokina AT-X 124 PRO DXⅡ

6時ともなると、だいぶ明るくなってきた。もう夜明けのゴールデンタイムはお終い。
間もなく朝がやってくる。
小屋夜明け_R
Nikon D300s+SIGMA 30mm F1.4 EX DC HSM

楽しい時間は、あっという間w
スポンサーサイト

路地裏の夜【京島】

2012年11月10日 07:07

今でも下町の色を濃く残している街、京島。
昼に歩いてもいい雰囲気なのだが、夜は夜で独特なベールに包まれる。

スカイツリーのお膝元、押上で降りて少し北上。東武亀戸線の踏切を渡る。その右側の町が京島。
大通りから一歩路地裏に足を踏み入れると、そこにはもう今までとは別世界の街並みが広がる。
狭い道が所せまし、縦横無尽に走る。

Nikon D300s+Tokina AT-X 124 PRO DXⅡ

窓から漏れ照らす明かりが、とても温かい。
0565.jpg
Nikon D300s+Tokina AT-X 124 PRO DXⅡ

車の通行ができない、小さな踏切。2両編成の列車が、この街を支える。
ひとときの喧騒。
0564.jpg
Nikon D300s+Tokina AT-X 124 PRO DXⅡ

工場の廃屋だろうか、倉庫の廃屋だろうか。
駐車場へと変貌を遂げたその一角の施設は、なんともいえぬ雰囲気を醸し出す。
大きな地震でも来たら崩れないか、ちと心配。
0563.jpg
Nikon D300s+Tokina AT-X 124 PRO DXⅡ

時間を忘れ、つい歩き回ってしまう(笑)

曼珠沙華

2012年10月08日 23:52

秋晴れの午後。日比谷公園内の一角に咲き誇っていた曼珠沙華。
柔らかい日差しの中、やや季節外れの台風による強風にもめげずに凛と咲き誇っていました。

0560.jpg
Nikon D300s+AF-S DX Micro NIKKOR 40mm f/2.8G

0561.jpg
Nikon D300s+AF-S DX Micro NIKKOR 40mm f/2.8G

0562.jpg
Nikon D300s+AF-S DX Micro NIKKOR 40mm f/2.8G

いよいよ、秋の始まり。

東京駅丸の内赤れんがライトアップ

2012年09月17日 19:47

東京駅は修復工事のため長らく工事をしていたが、丸の内側の赤れんが駅舎が開業当時の大正時代の外観に復元された。
その赤れんが駅舎は2012年9月15日、試験的にライトアップが行われる―ということで、ちょっと見てきました。

報道関係者はフェンスの中に案内されていたが、私はもちろん報道関係者ではないので、その周りから。
ライトアップが始まる前にぐるっと廻ってみたけど、やはり正面からがいちばんカッコイイ。

ということで、私以外にもたくさんのカメラマンが陣取る正面から撮影。
DSC_7465_R_R.jpg
Nikon D300s+SIGMA 55-200mm F4-5.6 DC

今回は試験点灯ということで、丸の内中央口とその脇の一部のみ。周辺はまだ工事関係車両や機材が置いてあるので、カットは真正面をアップで。
最近は派手なライトアップばかりが多いが、こういう落ち着いたライトアップもなかなかいいもんだなと感じた。

夜桜・野川桜ライトアップ

2012年04月19日 22:44

東京・調布。ここに野川という川が流れている。
その野川沿いにはソメイヨシノがたくさん植えられている場所があり、その一部では地元企業の協力により、「一夜限りのライトアップ」が毎年行われている。

そのライトアップの存在を私が知ったのは、4年前。その時に衝撃を受けたのが、「開催は満開時の一夜のみ。開催日は2日前に決定」ということだった。

つまり、その年の一番最高な状況をライトアップで夜桜を楽しんでもらおうという趣旨。なんて贅沢!(^^

ライトアップをするのは地元企業の照明屋さん。使用する照明装置は、「デイライト照明」という普通では使用しない、少し特殊な照明器具だという。この照明が、ソメイヨシノを一番綺麗にライトアップする―そう説明されていた。

なかなか訪れることが出来なかったのだが、今年は日没後だが、初めて訪れることが出来た(^^

当日、最寄り駅から野川に向かう道中も、普段では考えられないくらいの人の列。
野川に到着すると、そこには今までの夜桜ライトアップとは全く印象の異なる光景が広がっていた!

ただ一言。「すっごく綺麗!!」

Nikon D300s+SIGMA 30mm F1.4 EX DC HSM

真っ暗な夜空に浮かび上がる、薄いピンク色のソメイヨシノ。否が応でも、心に響く。
0548.jpg
Nikon D300s+SIGMA 30mm F1.4 EX DC HSM

近くで観ても、綺麗さは変わらない。当然と言えば当然な気もするが、実は夜桜ライトアップでは珍しい。
やはりデイライト照明の恩恵なのだろう。
0549.jpg
Nikon D300s+SIGMA 30mm F1.4 EX DC HSM

一夜限りの夜桜ライトアップは沢山の人の心を惹きつけ、至る所で歓声が上がる。
遊歩道を覆い尽くすソメイヨシノは誇らしげに咲き誇っていた。
0550.jpg
Nikon D300s+SIGMA 30mm F1.4 EX DC HSM

ではまた、来年ですね。可能な限り、また来ます!その時はよろしく(笑)


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。