FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京駅丸の内赤れんがライトアップ

2012年09月17日 19:47

東京駅は修復工事のため長らく工事をしていたが、丸の内側の赤れんが駅舎が開業当時の大正時代の外観に復元された。
その赤れんが駅舎は2012年9月15日、試験的にライトアップが行われる―ということで、ちょっと見てきました。

報道関係者はフェンスの中に案内されていたが、私はもちろん報道関係者ではないので、その周りから。
ライトアップが始まる前にぐるっと廻ってみたけど、やはり正面からがいちばんカッコイイ。

ということで、私以外にもたくさんのカメラマンが陣取る正面から撮影。
DSC_7465_R_R.jpg
Nikon D300s+SIGMA 55-200mm F4-5.6 DC

今回は試験点灯ということで、丸の内中央口とその脇の一部のみ。周辺はまだ工事関係車両や機材が置いてあるので、カットは真正面をアップで。
最近は派手なライトアップばかりが多いが、こういう落ち着いたライトアップもなかなかいいもんだなと感じた。
スポンサーサイト

夜桜・野川桜ライトアップ

2012年04月19日 22:44

東京・調布。ここに野川という川が流れている。
その野川沿いにはソメイヨシノがたくさん植えられている場所があり、その一部では地元企業の協力により、「一夜限りのライトアップ」が毎年行われている。

そのライトアップの存在を私が知ったのは、4年前。その時に衝撃を受けたのが、「開催は満開時の一夜のみ。開催日は2日前に決定」ということだった。

つまり、その年の一番最高な状況をライトアップで夜桜を楽しんでもらおうという趣旨。なんて贅沢!(^^

ライトアップをするのは地元企業の照明屋さん。使用する照明装置は、「デイライト照明」という普通では使用しない、少し特殊な照明器具だという。この照明が、ソメイヨシノを一番綺麗にライトアップする―そう説明されていた。

なかなか訪れることが出来なかったのだが、今年は日没後だが、初めて訪れることが出来た(^^

当日、最寄り駅から野川に向かう道中も、普段では考えられないくらいの人の列。
野川に到着すると、そこには今までの夜桜ライトアップとは全く印象の異なる光景が広がっていた!

ただ一言。「すっごく綺麗!!」

Nikon D300s+SIGMA 30mm F1.4 EX DC HSM

真っ暗な夜空に浮かび上がる、薄いピンク色のソメイヨシノ。否が応でも、心に響く。
0548.jpg
Nikon D300s+SIGMA 30mm F1.4 EX DC HSM

近くで観ても、綺麗さは変わらない。当然と言えば当然な気もするが、実は夜桜ライトアップでは珍しい。
やはりデイライト照明の恩恵なのだろう。
0549.jpg
Nikon D300s+SIGMA 30mm F1.4 EX DC HSM

一夜限りの夜桜ライトアップは沢山の人の心を惹きつけ、至る所で歓声が上がる。
遊歩道を覆い尽くすソメイヨシノは誇らしげに咲き誇っていた。
0550.jpg
Nikon D300s+SIGMA 30mm F1.4 EX DC HSM

ではまた、来年ですね。可能な限り、また来ます!その時はよろしく(笑)

謹賀新年2012

2012年01月01日 09:11

あけましておめでとうございます。
色々なことが起こった2011年が過ぎ去り、2012年がやってきました。
今年は皆様にとって、良い一年でありますように。

今年の初撮りカット。東京スカイツリー営業前試験ライトアップ。

Nikon D300s+Tokina AT-X 124 PRO DXⅡ

大山紅葉ライトアップ【大山寺】

2011年12月18日 13:05

ケーブルカーを大山寺駅で途中下車し、徒歩2分。真っ赤なモミジが有名な大山寺境内の長い階段。
昨年と同様にライトアップされていて、階段沿いに植えられたモミジは見事な色彩を放つ。

階段の途中から見上げれば、そこは赤一色。誰もが声を上げ、感嘆する。

Nikon D300s+Tokina AT-X 124 PRO DXⅡ

一番下から登り、見上げては立ち止まり、見上げては立ち止まる。長い時間をかけ一番上まで登れば、そこは赤いトンネルの全貌が見える。灯篭には柔らかい蝋燭の光が灯る。
0616_R.jpg
Nikon D300s+Tokina AT-X 124 PRO DXⅡ

結局、電車に乗って下山したのは終電の20:02。これを逃すと、暗闇の中、山を歩いての下山となってしまう。
今回は山装備ではないので、乗り遅れないよう撤収。

また来年も来たい。去年も同じことを思った。毎年、そう思わせてくれる場所。

大山紅葉ライトアップ【阿夫利神社下社】

2011年12月07日 00:07

昨年、初めて大山の紅葉ライトアップに行ったのですが、それから1年が過ぎ去りました。
初めて見るその真っ赤な紅葉はとても素晴らしく、とても印象に残っていて、今年も行きたいなぁと思っていたところ、夜景写真仲間のゆたー氏より「大山に行きませんか?」とのお誘いがあり、ご一緒することになりました。

大山紅葉ライトアップ最終日、昨年と違って夕方に到着。今回は登山はしません(笑)。
駐車場から階段沿いに並んでいる土産物街をぬけ、ケーブルカーへ。普段は20分間隔ですが、この時期は随時出発という感じで、時刻表はあってないようなものでした。よって待ち時間はほとんど無し。

ものの5分で阿夫利神社下社に到着。ちょうど蒼い時間が始まる前で、まずは俯瞰夜景とともに紅葉のライトアップを撮影出来る場所に移動。
暫くすると、ちょうどいい具合に空が蒼く染まる。紅葉の赤や黄色と、とてもいいコントラストだ。

Nikon D300s+Tokina AT-X 124 PRO DXⅡ

阿夫利神社下社の階段正面。昨年と比較すると、今年はやや色付きが悪い、かな。色がつく前に枯れ始めている葉もある。本来ならばもうちょっと鮮やかな色なのだが…。
0614_R.jpg
Nikon D300s+Tokina AT-X 124 PRO DXⅡ

その後、すぐ脇にあるお店で休憩。
何とここでは地酒も売っていて、限定品も!通常の地酒は二合瓶で450円なのだが、一番高い限定品の850円(!)は残り一本とのこと。これはもう一番高い地酒を買うしかないっしょ!
…ということで、酔わないように、嗜むだけということでちびり。ん!旨い!
ゆたー氏は草団子、私はおでんを啄み、小腹も満足したところで、再びケーグルカーに乗って途中駅の大山寺へ移動。
そこは昨年同様、やはり素晴らしい景色が広がっていました。


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。